<< フィクションとノンフィクション | main | 生牡蠣 >>
2009.11.30 Monday

事業仕分け

0
    カンボクの実
    ”画期的”と言われる「事業仕分け」が終了した。
     今まで,お役所の中だけで行われてきたものを,公開したということは,たしかに画期的なのかも知れない。
     しかし,何となく,違和感を感じてしまったのだ。
     「仕分け人」と呼ばれる人に,どれだけの権限があるのか知らないが,偉そうな物言いに,反感さえ感じた。本当に偉い人は,絶対に偉ぶらない。自分を偉いと勘違いした人が,偉ぶるのである。ある,女性仕分け人が,激しい口調で関係者を問いつめている様子がTVで映されたが,礼儀をわきまえた「大人」の物言いではなかった。その仕分け人が,あの元宇宙飛行士に質問したときには,180度態度が変わり,これが同じ人間なのかと耳を疑うほどだった。こんな感じを持ったのは私だけではなかったようだ。ある有名なロック歌手が傍聴に来たとき,TVのインタビューに答えて,私が感じたことと同じ様なことを言っていた。
     政治主導で予算を使うと言うのは,原則正しい。しかし,残念ながら,今の政治家に,それだけの知識と技能と識見のある人が何人いるのだろうか。官僚主導がいけないというが,官僚には優秀な人材がたくさんいる。かつての政治で,訳の分からない人が大臣になっても,なんとかやってこられたのは官僚システムがしっかりしていたからでもある。自民党時代の大臣と,今の大臣とどれだけ違うのか,これこそ全く見えてこないから,心配なのである。
     イギリスの例をとり,「官僚は政治家の言うとおりに仕事をすればいい」というが,名前が売れていると言うだけで国会議員に当選してしまう(これは投票する選挙民の責任なのだが)ような日本の政治家を,イギリスの政治家と同列には思えないのである。もちろん日本の政治家にも優れた人はたくさんいる(と信じたい)が,数の論理のために,そうでない人もいることは間違いない。


    コメント
    事業仕分けの中身についてはともかく、仕分け人の態度は人として間違っているように思います。
    • 2009.12.02 Wednesday 23:12
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM