<< 東日本大震災 3 情報公開 | main | マスコミの記者って,そんなに偉いの? >>
2011.04.10 Sunday

 「ひとつになろう日本」

0
     「ひとつになろう日本」 最近,TVで良く聞くフレーズだが,ちょっと感想を。
     多分にへそ曲がりだと,自分でも思うのだが,やはり違和感はぬぐえない。
     大震災の復興にあたって,日本国民全体が心を一つにして頑張ろうと言う意味なのだろうが,もし,「同じ心を持とう」という意味ならば,それは違う。
     もともと人の考え方や価値観は同じではなく,「一つの心」など,あり得ない。それぞれの人が,それぞれの価値観や考え方で,復興に努力しようというのならば,大賛成である。
     メジャーリーグのある選手が1億円寄付したとか,情報企業の偉い人が100億円寄付したとかというニュースが伝えられているが,なかなか真似のできる金額ではなく,凄いことだと思っている。しかし,決して金額の大きさがその人の気持ちの量を表しているものではない。その人が,たまたま寄付をできる環境にいて,寄付することに意義を感じたから寄付したのであって,どんなに強い気持ちがあったからと言っても私には何億円という寄付はできない。もちろん,寄付できる環境にあっても寄付しない人がいるが,だからといって,そのことだけでその人に支援の気持ちがないとは判断できない。
     人はいろいろな考えを持つものであり,反社会的なものは問題外として,どんな考えを持ってもそれは肯定されるべきだと思う。みんなが同じ考え方をする社会(多分に日本はそうだ)は,想定外の事態が発生するともろいのだ。想定外の事態が発生したとき,人とは違う発想をする人の考えが役に立つことが多い。
     今回の福島原発の事故でも「想定外」と言う言葉を何度も聞いたが,想定外の事態に上手く対応できなかったのは,標準的尺度で言う,いわゆる「優秀な人材」で周囲を固めており,桁外れの考え方をする人がそこにいなかったのではないかとも思う。
     以上,へそ曲がりな日本人からの発言。
    コメント
    これからは「ひとつになろう」よりも、「てんでんこ」が求められているかなと思います。

    「高台へ」子ども率先=授業で津波教育、住民救う―先人の教え「てんでんこ」・岩手
    http://news.toremaga.com/nation/nnews/322963.html
    • 2011.04.10 Sunday 18:41
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM