2016.03.14 Monday

古賀志山の転落事故

0
     3月13日,運動不足解消のために古賀志山に登ってきた。朝の内は薄日も出ていたのだが,徐々に雲が厚くなり,寒い一日だった。釣り堀のところから東尾根に登り,東稜見晴らしから山頂を経て御嶽山まで行った。今日は,日曜日と言うこともあって,多くのハイカーと出会った。東稜見晴らしの直下の岩場では,何処かのハイクングクラブが,ザイルを張り,岩登りのトレーニングをしていた。登山ルート上でトレーニングをするのはルール違反だが仕方ない。待っていると「先に行きますか?」というので,先に登らせてもらった。ハイキングクラブのメンバーは,年配者も多かったが,全員ヘルメット,ハーネスを付け,腰にはカラビナなどを下げていた。ちょっと大げさすぎるとも思ったが,それがトレーニングなのだと納得した。頂上を過ぎて,御嶽山の手前で15人ほどのグループと一緒になった。御嶽山は,頂上直下に鉄ハシゴがあって,ここを登るのに時間がかかる。そこで,最後尾の,リーダーと思しき男性と話をした。東京の目黒から来たグループだという。浅草駅集合で,スペーシアで新鹿沼まで来て,そこからタクシーに分乗してきたという。御嶽山の山頂では,頼まれて,記念写真のシャッターを押してあげた。グループが出発するというので,私たちはその前に山頂をあとにした。山頂から富士見峠を過ぎて,伐採地のベンチで昼食にした。
     少しすると,県の防災ヘリが飛んできて,御嶽山の少し東の稜線の真上で静止した。スピーカーで,これから救助活動を行うので,登山者は一個所にまとまって待機していてくださいという。古賀志山には何度も来たが,遭難救助に出会うのは初めてだった。

     初めに,隊員が一人高吊りで降りてきた。続いてもう一人隊員が降りてきた。その後,ヘリは真上を離れ,近くを旋回して待機していた。しばらくして,再び真上に戻り,遭難者を隊員が付き添ってつり上げた。地上にいたもう一人の隊員もつり上げると,すぐに南の方向に飛びさっれいった。
     ヘリが到着したのが,12時6分頃,新聞記事によると,事故が起こったのが11時55分頃と言うから,10分もしないで救助ヘリが到着したのだ。ただ,私たちが御嶽山を出発したのが11時10分頃で,このハイキングクラブは,その後時間をおかずに出発したはずだから,実際に事故が起こっていたのはもう少し前の時間だったのかも知れない。そして,遭難者を救助し,ヘリが飛び去っていったのが12時30分頃だった。
     新聞記事によると,遭難者は中目黒に住む68歳の女性ということで,岩場から足を滑らせて10mほど転落して頭を打ったという。もし,ヘルメットを被っていれば助かったのかも知れないが,私を含めて,古賀志山でヘルメットが必要だとは感じていない人が大多数だろう。
    2016.02.24 Wednesday

    「熟年夫婦の山日記」のアクセス数が34万を超えました。

    0
       本日,「熟年夫婦の山日記」のアクセス数が34万回を越えました。
      33万回を越えたのが,2015年7月24日でしたから,7ヶ月で1万回を追加したことになります。
      1日当たりの平均アクセス数は46.5回となります。ちなみに,最も多かったのは2009年で,1日当たり91.7回でした。
      最近は,山行回数も減り,更新もまめでは無くなったのに,毎日40人以上の人がアクセスしてくれていることに,ただただ感謝です。これを励みにして,細々でも続けていこうと思っていますので,今後ともよろしくお願いします。
      2016.02.12 Friday

      スマホ購入

      0
        スマホを購入した。いままではドコモのフォーマを使っていて,特に不満はなかったのだが,ネット接続が割高なので,スマホにしようと思った。どこの回線にしようかと考えたのだが,やはり,ドコモの電波にしたかった。今では,その差があまりなくなったようだが,かつては山の上などでは,ドコモの電波のほうが繋がりが良かった。とはいえ,ドコモのスマホは高い。
        そこで,ドコモの電波を使う「楽天モバイル」にすることにした。本体を1回払いで購入したので,月々の支払いはフォーマと変わらない。自宅では,自宅のWIFIに優先的に繋がるので,パケットは増えない。
        と言っても,機能が多すぎて,まだまだ分からないことだらけだ。まず,今までの電話帳をすべて手作業で入力した。データ移行用のソフトもあるようなのだが,一度きりのためにわざわざ購入しようとも思わない。幸い,時間はたっぷりある。
        2016.01.16 Saturday

        天狗岳

        0

           2016年の登り初めは,forestさんと二人で天狗岳に登った。forestさんとは,11月に燕岳に登るのを恒例にしているが,昨年は,天候の問題などがあり,見送りとなった。その代わりというわけでもないが,厳冬期に日帰りができる雪山としては手頃な天狗岳に行くことになった。天狗岳には,2006年の3月に,渋ノ湯から日帰りで往復したことがあり,それ以来2度目になる。
           天候は,風が強いという予報だったが,がまんできないほどではなく,楽しく歩くことができた。レポ
           
          2015.11.19 Thursday

          燕山荘

          0

             写真は,燕岳山頂から見た燕山荘。
             燕山荘は,燕岳の山頂直下にある。燕山荘は「えんざんそう」といい,「つばくろさんそう」とは言わない。燕山荘に泊まると,オーナーの赤沼さんの話で,まず最初に念を押される。
             私が最初に燕山荘に泊まったのは,2004年7月だった。台風が近づいており,良い天気ではなかったが,山小屋は快適だった。毎年,北アルプスの山小屋を対象にした人気投票でベスト1を維持しているという。
             2010年からは,毎年小屋締めのこの時期に燕山荘を訪れている。2010年と2013年は,体調不良で,途中で引き返したが,それ以外は,燕山荘に宿泊し,燕岳の山頂まで行っている。
             燕山荘の何がそれほどに私を惹きつけるのか良くは分からないが,オーナーの赤沼さんの人柄が代表するように,スタッフの対応がすばらしいのだ。
             昨年,小屋締めの最終日に燕山荘に泊まった。宿泊客は,前日までは多かったようだが,当日は僅か7人だけだった。受付の時に,オーナーのホルン演奏が聴けるかと訪ねたら,今日は小屋締めの作業が立て込んでいて,予定されていないという。そこで,ぜひにも聞きたいとお願いすると,担当者は,オーナーに話しておきますという。小屋締めの作業は大変だから,諦めていたのだが,私たち7人のために,オーナーがホルン演奏とお話をしてくれた。その後も,いろいろとお話をして頂き,楽しい時間を過ごすことができた。
             翌日は,前夜から降り続いた雪の中を,今期最後の客としてスタッフの見送りを受けて,山荘をあとにした。
             今年は,22日に有明荘に前泊し,23日に燕山荘まで登る予定だ。天気予報はあまり良くないが,可能ならば登ろうと思っている。
             
            Calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM